前へ
次へ

鍼灸治療の安全性とは

鍼灸治療は鍼灸師の方が患者さんの患部に鍼やお灸等を使用して刺激していく治療です。鍼を身体に刺していくので、見た目的には凄く痛そうに感じてしまいますが、鍼自体が注射針より細いので刺してもそこまで痛みを感じる事はありません。また鍼灸師の方が患者さんの体調等に合わせて使用する鍼のサイズや数を微調整していきますから、患者さんのその日のベストな施術を目指してくれます。お灸もモグサを患部に置いてからモグサに火をつけて熱の力を与えていきますが、此方も患者さんの体調に合わせてモグサの量を調整する事で、刺激の度合いをコントロールしていくので、過剰な痛みが発生するのを未然に防止してくれます。鍼やお灸の適度な刺激を身体に与えていく事で、免疫力や自然治癒力を高める事ができますから、治療だけでなく予防の効果も得られるのが、とても魅力的です。鍼灸治療は赤ちゃんから高齢者まで対応してくれるので、幅広い年代の方がサービスを利用できます。

Page Top