前へ
次へ

腰痛では痛みを軽減する成分の入った薬を使う

痛みは体においては非常に重要な情報で、体に異常が発生していることを知らせてくれます。もし痛みがわからないと異常を知ることができずにさらに良くない状態になる可能性があります。腰痛においても激痛や鈍痛など様々な痛みがあるでしょうがそれぞれ痛みの原因があるはずです。体に悪影響を与える痛みなのか体に影響はないが信号として発生しているだけの痛みなのかを知ると良いかも知れません。日常的には信号として腰痛が起きているケースも多いです。信号として起きている痛みに対してはそれを軽減することで生活が楽になります。その時に使うと良いのが消炎鎮痛剤と呼ばれる薬で、貼り薬や塗り薬などが知られているでしょう。患部にそれらを塗ったりすると成分が徐々に入っていって痛み成分に作用してくれます。信号として出ている痛みであれば痛みの物質を減らしてくれるので楽になるはずです。あくまでも痛みの信号が減るだけなので、根本的な治療でないことを理解して使わなければいけません。

Page Top