前へ
次へ

腰痛には正しいストレッチをする

腰痛を解消するために運動をすることはとてもいいことで、特に慢性的なものでは適度な運動をすることやエクササイズでよくなっていきます。反対に急性の腰痛に関しては安静にすることがいいので、動かないようにして治療に専念したほうがいいのですが、慢性は違うと理解することです。出はどのような運動をするといいのかというと、まず基本的にストレッチ運動をやったほうがいいといえます。ストレッチ運動にはゆっくりと筋肉を伸ばしていき負担を少なく体操ができる運動になりますので、誰でも簡単にすることができます。またストレッチ運動には呼吸が関わっていますので、呼吸筋が使われることからも横隔膜の動きもコントロールできるようになり、自律神経を使ったリラックスをすることができます。実は横隔膜と自律神経には関りがあって、呼吸を意識してやるようになることで自律神経の効果によってリラックスでき、筋肉が弛むようになっていきます。この筋肉が弛む効果では腰部の固くなっている筋肉が弛みやすくストレッチもやりやすくなることや、神経刺激を少なくさせるので痛みを軽減させることが可能です。ストレッチにはこういった筋肉に対する効果があり、呼吸を使うことで内臓機能まで上手に使うことができるので体調も良くなってきます。またストレッチは関節を柔らかくしていきますので、今まで動くことができなかった動きをできるようになります。これは関節の動きがつくことで、ライフスタイルで使っていなかった筋肉を使うようになりサポートされるような体になるかもしれません。腰の捻りができなかった人が、生活の中で捻る動作ができるようになると、楽に生活ができるようになるので動きがスムーズにいくことはストレスの軽減につながります。ストレッチ運動は誰でもできる運動ですから5分でも10分でもかまわないので、腰のためにもそういった運動をする時間を作ることで解消することができるようになります。

いわき市整体院をお探しの方におすすめ
どこにいっても改善されなかった首や腰の痛みが、魔法のようになくなります。

お身体のコンサルティングも行います
施術はもちろん栄養指導や生活習慣病などの治療も行っています

スポーツで手首をケガしてしまった
元相撲部で、インターハイや国体に出場経験のある院長が、ケガをした際の状況や相撲特有の動きなどを他の先生より的確に把握し、より正確なケガの鑑別や治療を提供します。

株式会社 ケアサポート都城
安心して生活するための環境づくりのお手伝いをいたします

Page Top